mostとmost ofの違い[青稲塾そこ知り英文法007]

most vs mostof今日の「そこ知り英文法」は「mostとmost ofの違い」をメインに、その類似表現(allとall of、someと some of、manyとmany ofの違いなど)について説明します。これらの単語を訳せない人はもちろん少ないとは思いますが、訳語だけ押さえるだけでは使いこなせない、実は油断できない単語の代表格でもあります。しかし、傾向を把握すれば簡単に使い分けられるようになりますので、自信がない人はこの機会にしっかりと学び直しましょう。キーワードは「general」と「particular」。それでは、いってみましょ〜。
前回の記事はこちら↓「そこ知り英文法シリーズ」まとめ記事はこちらから↓

男なんて馬鹿ばっか・・・。

突然ですが「男なんて馬鹿ばっか・・・。」を英訳して下さい。(別に男女差別ではないですよ。笑。ちなみに筆者は男性です。)………どうでしょうか?見当がつかない??では内容は変えずに書きやすい日本語に直してみましょう。「たいていの男は馬鹿である。」これなら出来ますか?「たいていの」は80〜90%を表すmostを使用しましょう。出来ましたか?それでは、次は「クラスの男子って馬鹿ばっか。」を英訳してみてください。

  • Most men are stupid.
  • Most of the boys in my class are stupid.

両方とも正しく書けましたか?おそらく、上は正解、下は不正解の人が多いのではないでしょうか。(ちなみに「stupidの代わりにfoolishとかsillyとかを使った」とかなら問題ありません。)

  • Most boys in my class are stupid.

問題はこのように書いた場合です。おそらく、前者と同じノリでこう書いてしまった人が多いと思うのですが、残念ながらこれは文法的に不正確な表現なのです。

今日のポイント

さて、これを理解する鍵が、「generalとperticullar(一般と特殊)」という考え方です。前者は「具体的な男性グループではなく漠然と男性全体(男性一般)を前提としてその80〜90%がアホである。」という発言ですよね。つまり、generalです。generalな名詞に対してその80〜90%を言いたければmostを使い、たとえばmost menとします。対して後者の発言は「私のクラスの男子(特殊な男子)を前提としてその80〜90%がアホだ。」ということですから、この場合はperticullarです。perticullarな名詞に対してその80〜90%ならmost ofを使い、たとえばmost of the boys in my classとします。このように、mostとmost ofの使い分けはgeneralかperticullarかを軸に判断するわけです。mostと同じような割合に関する表現としてall・many・much・half・some・any・few・little・no・both・eitherなどがありますが、もちろんこれらも同じ理屈で使い分けます。

  • All cars have four wheels.
  • All of my bikes have something wrong with their wheels.
  • Many people drive too fast.
  • Many of the people in our town drive under the speed limit.
  • You doesn’t need so much money to live alone.
  • He spent much of the money his friends lent to him betting.
  • I ate some chocolate yesterday.
  • I ate some of the chocolate in the fridge yesterday.
  • Have you had any pets?
  • Have you read any of those books?
  • Half of this money is mine.
  • There were few students present.
  • Few of the students present could answer the question.
  • We have a little gas left.
  • Little of the work has been done.
  • I have no money.
  • None of this money is mine.
  • Both restaurants are good.
  • Both the restaurants we went to the other day were good.
  • "Would you like to have some tea or coffee?" "Either.I don't mind."
  • I haven't been to either of those restaurants.

ただし、allとhalfに関してはofを省略することが可能であること。そして「0」を表すものとしてgeneralならnoを、particularならnone ofを使うということ。この2点に関しては少し注意が必要です!(noとnone ofに関してはnoneとnothingの違い[青稲塾そこ知り英文法035]も参考にして下さい。)

  • All my bikes have something wrong with their wheels.
  • Half this money is mine.

本人のまとめ

  • general(一般的なもの)を前提にするならofをつけない(most students)
  • particular(個別具体的なもの)を前提にするならofをつける(most of the students)
  • allとhalfに関しては例外的にofを省略可能(all the students,half the students)